Copyright© 2006 CSE-Soft Corporation. All Rights Reserved

▲ このページのトップへ

in OKINAWA   2007/02/10 〜 2007/02/12
続いて沖縄最大の城(グスク)である首里城 

        1.三山時代の中山王・察度が中山の居城として造営したという説
        2.察度・武寧の時代までは中山の拠点は浦添グスクにあり、第一尚氏の
          尚巴志が拠点を首里城に移したという説があるようです。
        いづれにしても、14世紀後半には原形が出来た事が発掘調査で
        明らかになっています。

とっても良い天気に恵まれ観光の一日の出発です。 まずは美ら海水族館

ものすごーく大きいじんべいサメと優雅に泳ぐマンタを真近に見る事ができます。
カラフルな魚ばかり。南国の海を満喫出来ます。
園内では、椰子の実のジュースやサータアンダギーややぎ汁なんてのも売っていました。
我社の社員は本当に家族思い! 一緒にこれなかった娘や息子にお土産を園内の
ショップで真剣に選んでいました。
昼食は、ナゴパイナップルパーク 

レストランパームツリーにてアグー豚の鉄板焼きを堪能!
『アグー豚』は、コレステロールが少なく、ビタミンB1(アミノ酸)が豊富、うまみ成分のグルタミン酸が多く、
柔らかくておいしい肉と言われています。

  昼食後だというのにショップでは、試食・試飲のパイナップル・ワイン・ちんすうこうなど遠慮せず頂きました。 
  美味しかったです。『ご馳走様でした』
中部バスの新田運転手と仲村ガイドさんのオススメで予定変更! 古宇利島 

青い海青い空!『きもち良い』一瞬でした。
大橋の上から見た海は澄んでいて中に泳いでいる小さな魚の群れが見えました。
道路の真ん中で「ハイチーズ!」と記念撮影。東京や福岡では考えられないほどゆっくり時間が過ぎていく事を
肌で感じられます。若い社員は海に向かって石投げなんて光景もありました。少年に戻っていたのかも知れないですね。

    2007年の社員旅行は沖縄! 2泊3日で社員交流と慰安の旅に・・。 
                         福岡と東京からいざ出発! 沖縄を満喫し、りふれっしゅ ☆!
那覇空港より世界遺産である玉稜 

第二尚氏の尚真王の父である尚円(金丸)王の遺骨を埋葬するために
作り、それ以来第二尚氏の王統で限られた人だけが埋葬された場所です



<1日目>
<2日目>
沖縄ホテル へ宿泊!

 1日目の宴会。日頃話せない社員どうし飲み、語らいました。ホテル内にカラオケ会場を用意してもらい
 若者にちょっと老けたおいちゃんやおばちゃんが混じって歌自慢!





嘉手納基地の近くにある 世界遺産! 座喜味城跡 

築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いた城といわれている。
護佐丸は、当初山田城(やまだぐすく)に居城していたが、滅びた北山の旧勢力を
見張る目的で座喜味城を築城したと言われている。
<3日目>

ホテルへ戻り恒例!宴会芸 のある2日目の宴会へ!

 グループ単位に色々な出し物をします。クイズIQサプリの問題に真剣に考えたり、マッスルミュージカルで
 運動神経の良さを披露したり、全員参加楽しい時間を過ごします。
 優秀チームには豪華な賞品が送られます。

琉球王国のグスク及び関連遺産群として世界遺産に登録された 識名園 

18世紀末に琉球国王の別邸として中国皇帝の使者のもてなしの場として利用された様です。
園内には桜が綺麗に咲いていました。
寒緋桜 

濃いピンク色の花が釣り鐘のように下向きに咲いていました。
沖縄で桜は花のがくがとても強い為、花が散るという事はなくがくごと落ちるのだそうです。桜前線は通常南から北へ向かいますが、沖縄は北から南へ向かいます。今年の開花はちょっと遅めだったようです。

昼食(みんなで食べる最後の食事)の為に 味の店 三郎 

伊勢えびいっぱいの天泉コースを頂きました。
伊勢えびのステーキは身がぷりぷりしていてとっても美味しかったです。

免税店にてお買い物 DFSギャラリアー・沖縄 

我社の社員はあまりブランド志向型ではないようで、入り口から出口へ素通りしているようでした。
こうして2泊3日の旅行は終了し、福岡と東京へ戻りました。
日々の仕事の中で辛い日もたくさんありますが、皆なで集まって楽しめる機会がある事で少しだけ癒される事が出来ました。
また次の旅行が出来る事を楽しみにしています。

この旅行においてご協力頂いた 『日本旅行企画』の黒川さんへお礼申しあげます。

                                                最後に幹事に感謝します。『お疲れ様でした。』